<<

  A あたらしい在留資格制度ざいりゅうしかくせいど外国人住民基本台帳制度がいこくじんじゅうみんきほんだいちょうせいど

あたらしい制度せいど手続てつづ

あたらしい在留資格制度ざいりゅうしかくせいど

1-1 制度せいどについて

2012年7月から「新しい在留管理制度」に変わりました。
対象は「中長期在留者」です。観光で短い間だけ日本に来る人は違います。

「中長期在留者」の例:
○日本人と結婚している人(在留資格「日本人の配偶者等」)
○定住者
○企業などで働く人(在留資格「技術」や「人文知識・国際業務」など)
○技能実習生
○留学生
○永住者

「中長期在留者」ではない人:
○ 「3か月」以内の在留期間の人
○ 「短期滞在」の在留資格を持つ人
○ 「外交」又は「公用」の在留資格を持つ人
○ 特別永住者
○ 在留資格がない人

新しくなったこと:
・外国人登録制度がなくなりました。
・「在留カード」をもらいます。
・みなし再入国許可制度がはじまりました。
・在留期間が長くて5年までになりました。

1-2 入国港での手続

1-3 市町村での手続

1-4 地方入国管理官署での手続

1-5 注意点

2 外国人住民の住民基本台帳制度

2-1 制度について

2-2 住民票が作成される外国人